株式会社ワールドフェイマス

SENIOR VOICES先輩たちの声

ネットワークソリューション事業部
宇佐見 賢

入社の経緯

一般登録型の派遣社員をやっていた時期に、出会ったのが派遣先企業で当時社員をやられていた藤野副社長でした。
何かやりがいのあることに挑戦したい漠然とした思いはありましたが、20代半ばで先が見えず迷っていた矢先に、
藤野さんから今起業する準備をしている、うちの社員にならないか、とお誘い頂いたのが入社のきっかけです。

仕事のやりがい

様々なクライアント先に出て現場スキルを磨きながら、やる気次第で自社の運営に携わることが出来ます。
社員それぞれの成長/挑戦が、クライアント貢献へ繋がり、そして自社成長に直結していると実感できることが大きなやりがいとなっています。

WFの魅力

とにかく上下関係なく社員同士のコミュニケーションが活発です。
積極的に何かを頑張ろうとする社員に対して、上司は本気で向き合ってサポートしてくれる社風があります。
上司/同僚/部下というよりも同志/仲間という感覚が強いですね。

未経験からの成功体験(技術)

私は元々、得意科目は国語、苦手科目は数学/化学というほど極端な文系でした。笑
ワールドフェイマスに入社する以前も技術的な業務経験はありませんでしたし、縁のない領域だと決めつけていました。
だからと言って営業職が自分に向いているわけではないことも、入社するまでの経験の中で気づき始めていました。

ワールドフェイマスに入社してから複数のクライアント業務を経験させて頂いておりますが、
運よく尊敬できるネットワークエンジニアの方々とご一緒させて頂く機会に恵まれてきました。
中には文系出身だという方も多くいました。

存在を知って初めて、ワールドフェイマスにネットワークエンジニアがいないことに気づきました。
それはつまり、会社としてその領域に大きな可能性が残されていることを意味していました。
いないならその集団を作りたい、可能性が残されているなら取りにいきたい、そんな思いで学習を始めたのがきっかけです。
何よりも、自分が会社の力になれると感じられたことが大きなモチベーションとなりました。

正直タイトルにあるような成功体験なんていうのはまだ何もしていないですが、今描いているものを近い将来実現させたいですね。
現場に出れば知識も経験も本当にすごいエンジニアの方が沢山います。
いかにワールドフェイマスのネットワーク集団をその水準まで引き上げ、越えていけるか、
どのようにして未経験集団が固い殻を破ってクライアントに頼られる存在になっていけるか、そんな挑戦の最中です。

自分を変えた「資格」の魅力

私が思う資格の魅力は、短期的に3つの変化を起こせることです。

1.知識
2.環境
3.メンタル

1つ目は、学習過程で、今まで繋がらなかった点と点が線になり、より体系的に整理された知識が身につきます。

2つ目ですが、業務に必要なスキルは資格取得で全て補えるわけではなく、経験でしか身につけられないスキルの方が大切だとも思います。
一方で、資格には自分の技術力や努力を一言で示す名刺となる要素もあります。
資格取得により得た名刺を活用して、今まで触れることが出来なかった新たな業務環境を得られます。
実際に私も、これまで資格取得を契機に、業務環境を少しずつ変化させてきました。

3つ目、前述の変化もさることながら、資格が秘める大きな魅力と感じているのが、メンタルの変化です。
自ら目標をコミット⇒自らの努力で達成。この経験を経て人は根拠のある自信を手に入れられます。
自分はこれだけ頑張って達成した、という自信と客観的事実は人の言動に説得力を持たせますし、それは成長と言えると思います。
そして次の2つの性質により、資格取得は他の目標と比較して、自信を得られる濃度が高いと考えています。
・合否の基準が明確
・他人や外的要因に左右されない
結果の持つ意味が人や状況によってブレがないのです。ラッキーパンチはありません。
そのため、絶対的で客観的な結果となり、濃度の高い自信と成長が得られると思っています。

知識/環境/メンタルと様々なものが短期間で変化していく、自分の手で時計の針を早送り出来てしまうような、そんな魅力が資格にはあると感じています。
(そうは言っても目指している時は目の前の壁が必要以上に高く見えてしまうし、何度も心折れそうになりますが。笑)
何と言っても、合格した時の達成感というか快感はなかなか味わえないものですので、今後も引き続き上位の資格を目指していきたいですね。

キャリアアップ制度の面白さ

(目標面談→将来の方向性決定→…… というWFの育成システム)
一言で言うと実力主義の評価制度が用意されています。
やる気がある人は短期で給料を上げていけるし、そうでない人は何年経っても変わらない。
そういう意味では向き不向きがあるかもしれないですね。
何をすれば上がるのか、といった基準も明確ですので上昇志向の人にとってはもってこいの仕組だと思います。

期の初めに社員それぞれが目標設定シートを作成して、それを元に上長が目標面談を行ない方向性や達成までの道のりをアドバイス/サポートします。
達成する人に共通しているのは、目標を達成した先にどんな自分になっていたいか、何をやっていきたいか、の具体的なイメージがあります。
私自身も、何もビジョンがなかった最初の1年間は全く目標達成が出来ませんでしたが、前述の技術部隊の絵が見え始めてからは目標を達成していけるようになりました。

やる気がある人、稼ぎたい人、将来的なビジョンがある人にはばっちりハマると思いますよ。
もちろん、今ビジョンがないという人もこれから描けるように上長がサポートしてくれます!

MEMBER

代表取締役社長
内山達也

内山達也

取締役副社長
藤野直樹

藤野直樹

常務取締役
福島秀人

福島秀人